伊勢遺跡(いせいせき) 弥生時代後期では最大規模を誇る大型環濠集落遺跡

伊勢遺跡の発掘現場
伊勢遺跡で平成13年に見つかった大型竪穴式建物(SH-1)跡(*)

 見 学 メ モ


【所在地】 滋賀県守山市伊勢町・阿村町
【発見時期】 昭和56年(1981)、個人住宅の建築に先立つ試掘調査によって発見。
【規模】 東西700m、南北450m、面積30ヘクタールに達する弥生時代後期の大規模集落遺跡
【出土遺構】 大型建物群が整然と並ぶ「方形区画」。円周上に並ぶ棟持柱付大型建物。方形の竪穴住居。五角形住居、etc.
【アクセス】 JR東海道線「栗東」駅から東約500m

伊勢遺跡付近
伊勢遺跡付近

独特の祭殿跡を持つ弥生時代後期の大規模な集落遺跡が出土

大型竪穴建物検出状況
大型竪穴建物検出状況(*)
山市は滋賀県の南部に位置し、琵琶湖に面している。江戸時代には中山道の宿場町として栄えた。だが、守山市の歴史ははるか太古の昔までさかのぼる。すでに弥生時代には、渡来系の人々が野洲川下流に住み着き水田耕作を行っていた。その証拠として、多くの弥生時代の集落跡や水田跡が守山市の地下から発掘されている。

うした遺跡の一つに、伊勢遺跡がある。昭和56年(1981)に、個人住宅の建築に先立つ試掘調査によって発見されたが、その後の発掘調査で守山市の伊勢町・阿村町から栗東市の野尻にかけて広がる弥生後期の集落遺跡であることがわかってきた。その規模は東西約700m、南北約450m、面積30ヘクタールを越える巨大な遺跡である。

勢遺跡は下之郷遺跡の南約2.5kmの地点に位置している。JR東海道線「栗東」駅から徒歩で東約500mのところにあり、周りは田畑、新興住宅などが広がる平野である。他の地域では弥生遺跡が衰退していく紀元1世紀末頃に、この遺跡は突如出現し、紀元2世紀末に衰退し始める。つまり、邪馬台国時代前夜に、発達を遂げた不思議な遺跡として注目されている。

跡の中心部には、二重の冊で四角に囲われた方形区画があり、そこで、この時期のものとしては最大級の大型掘立柱建物跡や祭殿らしい建物跡など12棟の建物が整然と配置された跡が見つかっている。特に、祭殿らしい建物は、大型建物群の中の楼観と見られる建物を中心として、半径110mの円周上に等間隔に約30棟が並んでいたと推定され、国内に例のない配置となっている。



発掘の歴史を追う

伊勢遺跡東半部遺構図
伊勢遺跡東半部遺構図(*)
建物跡の配置
建物跡の配置(*)
和55年(1980)、個人住宅建築に先立って試掘調査を行ったところ弥生時代後期の柱穴や土器が発見されたため、伊勢遺跡と名付けられた。

成4年(1992)9月、伊勢遺跡で全国最大級の掘立柱建物(SB-1)が見つかった。2間×4間(7.8mx11.3m)、床面積88平方メートルに及ぶ巨大な建物だった。柱を立てるために彫られた穴は長さ2.5m、幅約1m、柱の直径は50cmと推定され、高床式の楼閣跡と推定された。

らに、その建物の西側には、棟持柱を持つ建物(SB-2, SB-3)が南北方向に3棟並んでいた。これらの大型建物はL字形に整然と配置されていた。また、大型建物群の外側は二重の冊で方形に区画されていることがわかり、大型建物群が遺跡の中心部分を構成していることが判明した。

の後、平成6年(1994)および平成9年(1997)には集落東南部で2棟の大型建物(1間×5間で約45uの建物、SB-4SB-5)が、平成7年(1995)には、阿村町字大洲でも連立した2棟の大型建物(1間×5間で45u前後の建物、SB-8SB-9)が、さらに平成8年(1996)には、栗東市で1棟(2間×3間で面積40u前後の建物、SB-6)が見つかった。これらはいずれも独立棟持柱付き建物で、隣り合う建物との棟持柱間の距離は18.4mだった。

成10年(1998)12月、大型建物(SB-1)の東側約30mの地点から、3間×3間(9mx9m)の楼観(SB-10)とみられる大型建物が発見された。この正方形の建物のそれぞれの辺は、正確に東西南北方向に向かって建てられてた。

成11年(1999)、上記の高床式の大型掘立柱建物跡の一部と考えられていた内側の柱が、それよりさらに20年から30年ほど古い高床式建物の跡だったことが分かった。これにより、古い時代には政治と祭祀が区別されずに行われていたが、数十年後には政治を行うための高床式建物と、祭殿となる建物がそれぞれ別個に建てられていたことが判明した。それまで一体だった政治と祭祀が、時代を経るにつれ分離していく様子がうかがえる注目すべき発見だった。

成13年(2001)には、阿村町で弥生後期の掘立柱の大型の高床式建物跡3棟(SB-9SB-12SB-A)と大型の竪穴式建物跡1棟(SH-1)の計4棟が新たに出土した。SH-1は、一辺13.6mx13.8m、床面積約187平米に及ぶ国内最大級の竪穴式建物で、後述のように床および壁に特異な施設が施されていた。

成14年(2002)3月には、前述の大型建物群から約200m離れた地点で、一辺4〜6mの方形住居跡が13棟、一辺6〜7mの五角形住居跡が2棟、同じく約8mの六角形住居跡が1棟、合計16棟が発見された。規模などから庶民の集落だったと推定されているが、多角形の住居跡は、一般庶民の中でも特殊な階層の人たちの住居との見方が有力である。なお、竪穴住居はこれまで50棟以上発見され、数百人が住んでいたと考えられている。

成16年(2004年)11月、伊勢遺跡の東側で溝の跡が見つかった。溝は幅約4m、深さ約1m。長さは約20メートルだが、周辺の調査から少なくとも約50mはあると見られる。直径約220mの円周上に配置されている大型建物跡群から約40m外側にあり、同じ円弧状となっている。溝のさらに東側には幅約7mの大溝が確認されていて、今回見つかった溝は大溝から分岐したもののようだ。溝の脇の建物跡側には柵(さく)跡も見つかっており、祭殿や首長クラスの住居だったと見られる大型建物群を取り囲む形で、溝と柵が張り巡らされていた可能性が高い。



円周上に並ぶ棟持柱付大型建物

建物跡の配置
建物跡の配置(*)
近の調査によって、伊勢遺跡では楼観を中心に直径220mほどの円を描くと、その円周上に大型建物が並んでいることがわかってきた。これらの建物は弥生時代後期の大型掘立柱建物で、各々は梁間1間、桁行5間(4.5mx9.0m、床面積40.5平米の規模をもつ。珍しいことに、これらの建物はいずれも建物の外側から2.5m離れた位置に棟持柱を持つ独特の構造をしている。このため、独立棟持柱付大型建物と呼ばれている。

立棟持柱付大型建物は、現在までに伊勢町側で2棟、阿村町側で4棟見つかっている。その他に屋内棟持柱付大型建物も1棟見つかっている。隣り合う建物の棟の方向は、4度から7度内側に屈折して配置されている。そのため、それぞれの建物は18.4mの距離を置いて円周上に並んでいることが判明した。角度や距離を測る技術にもとづいた計画的な配置がなされた証左であるが、国内の弥生遺跡には例が見られない。

立棟持柱付大型建物は、現在の伊勢神宮本殿に見られる神明造りと呼ぶ建築様式に似ている。そのため、祭りなどを行った祭殿ではないかと考えられている。これまでの発掘状況を考え合わせると、これらの建物は直径約220mのサークル状に、等間隔で約30棟が並んでいたと推定され、建物で囲まれた約3ヘクタールの地域は祭祀のための聖なる空間だったと推測されている。

に円周上に30棟の棟持柱付大型建物が存在したとしても、これらが同じ時期に建っていたという保証はない。たまたま伊勢町側の円周上で2棟連なって発見されたことから、2棟で一つの儀式が行われたのではと推測する学者もいる。建築史の宮本長二郎・東北芸術工科大学教授は、伊勢神宮で現社殿と古殿地を並立させて式年遷宮を繰り返すのは、二棟連立時代の名残を示し、伊勢遺跡の造替を継承するものとも考えられると発言しておられる。すなわち、伊勢遺跡の祭殿跡が、のちの神社建築様式の原型となった可能性があるというわけである。


独立棟持柱付大型建物跡
独立棟持柱付大型建物跡(*)
年遷宮を前提とせずに、30棟の棟持柱付大型建物が同時並行的に存在した可能性も高い。その場合、当時の人々はそれぞれの祭殿でどのような神を祀っていたのだろうか。後の天皇族のように、祖神・アマテラスのシンボルとして神鏡を祀る習慣はこの時代にはまだ無かったはずである。30もの神々を表すものとして、すぐ念頭に浮かぶものに銅鐸がある。大岩山の中腹から発見された24個の銅鐸は、あるいはこれらの祭殿に祀られていたものが、何かの事情でまとめて遺棄されたものであろうか。そうであれば、大岩山には未発見の銅鐸がまで眠っていることになる。

0棟の棟持柱付大型建物が円周上に配置されていると聞いて、筆者がすぐに思い浮かべた建物がある。出雲大社の東と西の十九社である。我が国では、旧暦の10月を通常「神無月(かんなづき)」と呼んでいる。10月10日に全国の神々が出雲大社に集られ、10月11日から17日までいろいろな神議りを行わうため、出雲以外では神々が不在になるためである。東と西の十九社は、出雲に集まった神々の御旅社、つまり宿舎だそうだ。

0棟の棟持柱付大型建物に対して、同じような事を想定できないだろうか。ただし、これらの建物を宿舎として使用するのは神々ではない。中央の楼閣で行われる宗教上のイベントや政治上の合議のために招集をかけられた、”伊勢王国”を構成する各集落の首長たちである。



焼床とレンガの壁を持つ大型竪穴式建物(SH-1)に注目

大型竪穴建物の構想図
大型竪穴式建物の構想図 
(原図・監修=宮本長二郎氏、作成=小谷正澄氏)
003年2月に発見された建物は、一辺が13.6mx13.8m、床面積が約187平米及ぶ国内最大級の規模の大型竪穴式建物(SH-1)だった。床面から出土した土器から弥生時代後期後半の住居跡と推定されている。

の住居跡から復元される建物の規模の大きさには驚くべきものがあるが、さらに注目すべきはその床と壁にあった。住居をつくるのに、先ず深さ80cm以上掘り込み、次に厚さ約25cmの粘土を床面に貼り、その上面を焼いて整え、さらに約8cmの精良な粘土を貼り高温で焼いて固めている。こうした床を焼床(やきどこ)といい、従来にはなかった建築工法である。この床にはさらに、直径2cm程の穴が多数、開けられていた。

方、壁際には40cm×30cm、厚さ約8cmのレンガと思われる建築部材が少なくとも5個以上見つかっている。日本で出土した焼成の最古のレンガは白鳳時代の7世紀後半とされてきたが、その歴史が500年もさかのぼることになる。

床の床を持ち、壁にレンガを用いている点で、この建物は特異な施設が施された住居だったことが分かる。これらの建築工法は明らかに大陸や朝鮮半島からの技術の伝来を示しているが、我が国では前例がないため、建築史上の新たな謎とされている。一般に、首長の館または祭殿の跡ではないかと推測されているが、建物の西には直径220mの円周に囲まれた巨大な祭祀空間と思われるスペースがある。したがって、司祭者または首長の居館だったと考えた方がわかりやすい。

長の居館であったとすれば、邪馬台国が出現する前の時代に、朝鮮半島などと深いつながりを持つ巨大な政治勢力が、野洲川流域に拠点をおいたことになる。その首長は下之郷遺跡の後継者だったかもしれない。あるいは、新たに半島から渡来して、この付近を切り従えた渡来系氏族だったかもしれない。



伊勢遺跡の終焉

勢遺跡の中心部には、二重の冊で四角に囲われた「方形区画」があり、そこに大型の建物が例のない計画的な配置で築かれていた。したがって、専門家はその空間に着目し、周辺のクニの代表者が集まる聖なる祭政空間だったと見なしている。だが、竪穴住居跡もこれまでに50棟以上発見されている。中心に祭政空間を持つものの、この遺跡は数百人の弥生人が居住した集落跡でもあった。その点を見失って、単に祭政都市であったような印象でこの遺跡をとらえるのは、正しくない。

れにしても不思議な遺跡である。弥生後期の紀元1世紀末頃に突如出現し、邪馬台国の女王・卑弥呼とほぼ同時代の2世紀末に最も栄え、そして大和地方に巨大な古墳が築かれる古墳時代前期になると急速に衰えてしまう。

勢遺跡の小高い一角から、衰退期に埋めたと思われる多数の勾玉や管玉、および破砕された銅鏡が出土したという。伊勢遺跡の衰退期にこの場所で何らかの祭が行われ、その後人々はこの土地を離れていった。何処へ移り住んだかを示す遺物は発見されていない。



(*) 2001年12月8日に行われた現地説明会資料より転載


2005/01/09作成by n_ohsei2004@yahoo.co.jp